忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やや仰々しいサブタイトルですが・・・。

今週は鉄分なしにて、NHK大河ドラマ「風林火山」について。

今期の大河ドラマ、始まったときから役者二人のただならぬ演技っぷりにすっかりハマっていました。
歌舞伎や映画畑の役者さんが多いことも一因であったのか、とにかく台詞回し、表情、仕草どれをとっても迫力があり、画面に引き込まれました。
(立ち居振る舞いひとつでも大げさと言えば大げさなんですが、わかりやすく重厚ささえも感じさせる演技はすごいの一言に尽きます)

特に主役の二人、どちらもまだ若いのに後半では老練な演技を見せてくれました。
後半の年老いた勘助のしわがれ声など時に鳥肌が立つような重々しさ。
由布姫逝去後の何かに憑かれたようなモノローグなど、並みの役者なら「おいおい」とツッコミが入りそうな場面すら荘厳にこなす。
内野聖陽、勘助役に文句なし。

一方のお館様、晴信(信玄)役の市川亀治郎もまったく引けを取らず。
凛とした雰囲気から、一時の迷走時期の傍若無人ぶり、甘利の裏切り(注、謀略)の報に激怒した際の表情、板垣死後の悔恨の叫びなど。
最終回も見せ場は多くなかったものの、上杉政景(謙信)との対決や信繁討死の報を聞いた際の深い嘆息など、ちょっとした演技に魅了されます。
流石は市川一門、奥が深い、深すぎる。

板垣役の千葉真一、甘利役の竜雷太はじめ脇役陣の素晴らしい盛り立てもよかった。
(人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵・・・まことによき歌にござりまするなぁ・・・つД`)

最近では佐々木蔵之介(真田幸隆)や佐藤隆太(平蔵)、池脇千鶴(三条夫人)などはCMなどでもお馴染みになってきましたが、これも大河の影響!?

ああ、またべた褒め調になってきた・・・。
そうそう、Gacktの長尾景虎も心配(?)したよりもずっと良く、よいバイプレーヤーぶりでした。

奥深く練られた脚本や演出もすばらしく、サブエピソードも含めた「語り」のバランスのよさが高い完成度につながったのではないかと感じます。
(サブストーリーの描き方も深すぎず浅すぎず、人物像に適度な奥行きを与えるにちょうど良いボリューム)

最後、平蔵は助かったのかな!?緑魔子扮するおばばが出てきたってことは・・・個人的には生きて帰ったことにしたいですねぇ。

今年、これほど毎週楽しみにした番組は他に類がなく、他には年初の「のだめカンタービレ」くらいでしょうか。
(こちらも年末にスペシャルがあるそうで、楽しみ)

この風林火山、(少なくとも自分の中では)ここ10年の大河で間違いなく最高の出来、と言い切って良い作品でした。
今日で終わってしまったのが本当に寂しいです。

来年の篤姫は果たしてどうなるか!?(時代、テーマはまことに好みなのですが)

最後に・・・「ええぃ、武田の武将はバケモノか!」
だって、ものすごい数の槍・矢・刀・鉄砲傷でもなかなか倒れないんですから・・・(笑)

あいかわらずめちゃくちゃな文章ですが、そのくらい入れ込んでた、というわけで。31日の総集編は録画かな・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
84  83  82  81  80  79  78  77  76  75  74 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]