忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今晩はカミセンがおりませんで・・・今日は走行ではなくちょっとと実験です。

今年の初頭から少しづつ買い集めてきた線路。
ポイントも6番Rx4、Lx2で簡単なヤードはなんとか組めるレベルに。
しかしアパートに移住してから6畳プラス廊下で何とかお座敷レイアウトをやりくりしないといけません。
狭小スペースでできるだけ変化にとんだ駅・ヤードを作ろうと思うとどうしても6番ポイントの大きさがネックになってきます。

トミックスのEF62は公称でR600が最小通過曲線ですが、YouTubeなどでR360クラスを通過するのを見て、R490でもイケるんじゃないか?
ということでお試しに手動ポイントR490 Rx2を購入していざお試し!

まずはタキ。実写は13mクラスでそれほど大きな車両ではないので・・・。
あ、ちなみにすべて推進運転での撮影です。


まぁ、普通に通過するんですが・・・渡り線の中間ではナックルが引っ張られて開き気味です。
(;´・ω・) タキ9900のカプラーはケーディーNo.5なので、それほどきついわけではないのですが。

 
ちなみに、同じ場所でタキ同士ならこのレベル。
やはり機関車側のオーバーハングの長さの影響が大きいようです。


続いて比較的狭い連結間隔になっている二軸貨車同士。
ここは流石に車体長が短いため全く問題はありません。

さて・・・一番やばそうなやつを。


EF62+コキ50000(トミックス)です。
コキは20mクラスなので、これが電車や客車が通過できるかどうかの目安になります。
なお、うちのコキ50000はカプラーをケーディーNo.143のショートタイプに変更してますので、
ますますやばいわけで・・・。

 
カーブ進入の時点ですでにくの字にカプラーが折れ、ナックルが開いてます・・・・

さらに進むと ・・・もう両方のナックルがいっぱいで、ギシギシ音が出てますよ((((;゜Д゜))))

  
横から見るとすでに車輪は線路から浮き上がってます。



そんでもって脱線。やはりショートタイプカプラーでR490は無理だったか・・・。
ちなみに牽引運転でも脱線しました。

対策として少しでもSカーブを緩和するために渡線にS60を噛ませてみます。


ちょっとは余裕が出るかな。
下の6番ポイントと比べると急曲線ぶりがわかります。


今度はなんとか脱線せずに通過しました。
それでもナックルはいっぱいに開き、これでぎりぎりってところでしょう。
しかしこれでは線路間の幅も出てしまいますし、あまりメリットがなさそうな。

結論:R490ポイントは本線不採用!
買ってしまった2本は機関車単機での待避線などに使うことにします。
トミックスやカトーの車両単機ならばこの曲線も十分通過するので、それなら問題なさそうです。
本線やヤードは何とか工夫して6番ポイントでレイアウト組むしかなさそうですねぇ。
まぁカプラーを長めにすればいいのでしょうけれどね。

あー、電動ポイントは高いなー・・・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
620  619  618  617  616  615  613  612  611 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]