忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
3月16日は日本海縦貫線のファンにとって忘れえぬ日となるでしょう・・・。

東海道本線の富士やさくら、あさかぜといった列車と肩を並べる名寝台列車、日本海ときたぐにの定期運行が終了しました。

3/16~17は最後の雄姿をその目に焼き付けようと多くのファンが日本海へきたぐにへと集いました。
その様子は各局のニュース映像にもなり、ここ数年ではすっかり3月中旬の風物となっているようです。
(とはいえ、新幹線300系や100系の陰に隠れたような感じではありますけれどね)

かく言う私も、直江津で長時間停車のある下り日本海、上りきたぐにが並ぶ可能性があるということで出かけてきました。
この日は会社の飲み会でしたが、酒を飲まずにお開きの後直江津へ直行。

すでに3番ホーム長岡寄りは三脚の林。よく見ると規制線が張られています。
・・・直江津で規制線なんてはじめて見ました。
北陸・能登や懐かしのつるぎの時をはるかに超える厳戒ぶり。
実際列車入線後にその必要性を理解できるほどのお祭り状態になっていました。

私は日本海の編成写真はすでに取り収めですので、12連に増結されているきたぐにとEF81の並び一枚に入魂です。
・・・ところが、3番線も2番線も停止位置で撮影できそうな場所は入ることが出来ません。
仕方がないので2番線側で停止目標の手前で超広角レンズによって撮影をすることに。

23:45ごろに日本海が入線するとホームは一気にヒートアップ。
列車の乗客の皆さんもどんどん先頭にやってきて代わる代わる撮影。
停車時間は1時間以上ありましたが、最後まで人の流れが途切れることはありませんでした。

そして0:55、上りきたぐにが入線。私はこの瞬間に意識を集中します。


EF81 101+24系 日本海 9001レ、583系 きたぐに 9502M 信越本線 直江津
入線の瞬間。画質は最悪ですけど、記録に徹します。
そのうち高感度の強いカメラで撮影された作品がネット上を賑わすと思います。


EF81 101+24系 日本海 9001レ、583系 きたぐに 9502M 信越本線 直江津
停止寸前のショットをなんとかゲット!
ISO1600でシャッタースピード1/40ですから、歩くような速度でもややぶれてしまいます。
それでも私にとっては最初で最後の並びです。
RAWでノイズ処理や増感しているためとてもプリントできるような仕上がりではありませんけれどね。

思ったとおり、きたぐには2番線からはEF81の陰に隠れる位置に停車。
これにて場所を退き、最後の発車を見送ります。
0:58、いつもより長いホイッスルを残して列車は静かに走り去りました。
直江津駅では最後まで駅員さんたちが警備にあたり、また列車を見送っていました。
両列車の発車後、「最後の姿の写真撮影ありがとうございました」のアナウンスには少し感極まるものがありました。

余韻を残しながらも一旦寝て早朝まで体を休めます。
1時半に帰宅、朝は5時に起床して鯨波へ。

最後の新潟行ききたぐに、12連の姿をどうしても鯨波で抑えておきたかったのです。
過去も夏のうちにいくらでも撮影するチャンスはあったはずですが、ここでの記録は一度もありませんでした。
不精のツケですね。

いくつかの貨物列車をこなし、本来のきたぐにに近いスジでやってきたのは。


485系 おはよう信越 3361M 信越本線 青海川~鯨波
直江津~新潟(実際は新津~新潟でしょうか)のフリークエント輸送の一翼を担うおはよう信越。
上りはらくらくトレイン長岡の延長で直江津までの運転となります。
きたぐにが新潟県で果たしていた役割を引き継ぐ列車たちです。

この列車の数分後、追いかけるように最終きたぐにがやってきました。


583系 きたぐに 9501M 信越本線 青海川~鯨波
結局、雲が低く光量がやや不足でしたが鯨波での12連の記録を果たすことができました。
もうちょっとアングルを考えればよかったかなぁ~。
今ひとつ、という出来ではありますが、リベンジは短編成化とはいえ晴天が期待できるGWに。

この後は3093レまで各列車を撮影して朝の部を終了。

直江津へ戻り、ブランチをして昼まで仮眠することにしました。
12時を過ぎ、いそいそと丘に登ります。
最後は583系の返却回送を谷浜俯瞰で。

12:25頃、そろそろか・・・と丘の上から線路を眺めていると谷浜駅下りの本線場内信号が進行現時。
そうか、北越3号が来る!もしかして裏被り、いや並ぶのか?!

急に緊張してきました。
遠くに583系のライトが見えるころ、足元からはモーター音が響いてきました。
やはり並ぶ!どこで!?
大粒の雨が激しく降るなかレンズの先は迷いに迷います。

そして何とか画面の端で列車の離合を捉えました。

583系 回9526M、485系 北越 1053M 北陸本線 有間川~谷浜
新潟の485系が最後に挨拶をしていたかのようでした。
どちらも高度成長期、国鉄の全国特急ネットワークを支えた昭和の名車です。
残念ながらこの写真、画面の1/3程度で捉えていたので盛大にトリミングしています。
ここには私一人、春先のまだ冷たい涙雨の中ひっそりと離合を見届けることとなりました。


583系 回9526M 北陸本線 有間川~谷浜
帰途を急ぐ12連。ちょうどこの頃、最終日本海の下りも青森についていました。
12両編成という地方在来線の最長編成も、信越ではこれで見納めです。

ひとつ、またひとつと列車が消えていくの惜しむのは遠くなる昭和への追憶でしょうか。
(46歳以下の人はすでに昭和より平成の世を生きた時間のほうが長くなっています)
今のJR世代の列車・車両たちも何十年後かには同じように追憶を感じながら別れを惜しむのでしょうか。
そんなことを思いながら撮影地を後にしました。

さらば、日本海縦貫線の名優たち。また臨時の機会にて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
直江津ではお向かいにいました。
谷浜-T編成との相性もよく別れの寂しさを感じます。12連の選択肢に谷浜が無かった・・・・

良いものを見せていただきました。
名無しさん@Null 2012/03/17(Sat)22:51 編集
無題
名無しさん16日夜はお疲れ様です。
反対側でしたら、ちょうどよく583とEF81の並びを記録できたのではないでしょうか?
T編成との絡み、全く意図しておりませんでしたが、最後の見送りはここで、と決めていました。
足元が非常に悪く代償として泥だらけになりましたが・・・(^^;)
とくぞー 2012/03/19(Mon)22:19 編集
無題
某タイムス紙で直江津でのお姿?拝見させてもらいました。
8052M 2012/03/20(Tue)07:58 編集
無題
8052Mさん、ご無沙汰してます。

>>某タイムス紙で直江津でのお姿?拝見させてもらいました。
げげ、ばれてしまいましたか。お恥ずかしい。

自分も17日に某きしめん屋さんでタイムスを見ててこのアングル・・・ああ、いるわ。
と見つけてましたw
とくぞー 2012/03/20(Tue)11:48 編集
392  391  390  389  388  387  386  385  384  383  382 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]