忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
北海道は貨物列車王国でもあります。

函館本線は本州への列車が集中し、比較的昼間から貨物がバンバン走っています。
函館本線はDF200、江差・海峡線はEH500と新世代機がそれぞれ主役についており、国鉄型の機関車を見ることは少なくなっています。

ともあれ、日本海側とはまったく違う面々がとても新鮮で楽しむことが出来ました。
今回も大沼駅、五稜郭駅での撮影です。


DF200-12 2059レ 函館本線 大沼
まずは北海道の主力、DF200。 エンジンで発電機を駆動し、走行はモーターという電気式ディーゼル機関車。
今年の2月に竣工なった105号機の回送を直江津で撮ったことがあり、DF200が動いている姿も見られて良かったですね。


DF200-12 2059レ 函館本線 大沼
しばしの停車後、駒ケ岳を見ながら発車していきます。
大沼での停車中は自分以外に人がいなかったこともあって本当に静かで、エアーの音を満喫できました。


DF200-58 4092レ 函館本線 大沼
上り列車。50番台以降はスカートの色がグレイ。
新製時よりエンジンがコマツ製になっています。


DD51 1156? 4091レ 函館本線 大沼
この列車、ホームを離れているときにやってきたので正面の写真は撮れず。
釜番も不明。
この後、昼前の3076レも撮れず、貴重なDD51牽引の貨物列車がきちんと押さえられなかったのが痛恨。

SL函館大沼号撮影後に五稜郭まで戻り、夕方の入換ラッシュをホームから眺めます。


EH500-22 3063レ 函館本線 五稜郭
江差線からやってきたEH500牽引の貨物列車。
はるばる黒磯から直通でやってきます。ご苦労様。


EH500-33 3056レ 函館本線 五稜郭
こちらは東京方面の列車を組成中。


DD51 1155 函館本線 五稜郭
五稜郭の入換機。高崎のきれいなDD51も良いですが、煤にまみれた姿も重厚で趣があります。


EH500とのツーショット。
このあと五稜郭貨物駅にコキを引き込んで行きました。


EH500-2 函館本線 五稜郭
こちらはEH500の初期車、2号機。
ヘッドライトの位置や塗り分けが異なり、2次型とはまた違った雰囲気を持つ前面です。

五稜郭は手軽に貨物列車を眺められていいですね。
12日も五稜郭に行っては見たものの、お盆休みの日曜とあって貨物列車の姿は皆無でした。
結局ED79の貨物牽引は見られず。どこまでも詰めが甘いなぁ・・・。

さてさて、函館シリーズもこれにて終幕。
お付き合いありがとうございました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
五稜郭界隈も貨物が多くて楽しめますね。
EH500やDF200もずいぶん数が増えましたね!
当方は2000年にこのあたりにて撮影していたのですがこれら形式は少なく、時代の変化を感じます!
ED79の貨物もしかしたらかなり減少してしまったのでしょうか?
駒ケ岳のDF200もひじょうに絵になりますね!
Racexp(新潟の鉄道大福帳) URL 2007/08/25(Sat)07:10 編集
無題
ED79の運用はかなり減ったようです。
関東からの運用はEH500がほぼ直通ですね。
日本海縦貫からの列車にED79が入るみたいです。

現時点で五稜郭機関区にはEH500の配置は無いので(運用の関係で留置はあります)、日本海縦貫貨物においてはしばらくED79が見られそうです。
とくぞー 2007/08/25(Sat)20:11 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]