忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あーあー、本当に手を出してしまいました。

6月末に発売されたHO(16番)ゲージのトミックスEF62(二次型)。
前々からどうしようかどうしようか、すごく迷っていたのですが・・・迷うこと1ヶ月、そろそろ市場在庫も少なくなってきところで思い切ってカミさんに切り出してみたところ、「まぁ稼いでるのそっちだし、いいよ」とのこと。マジ~!?
その瞬間にChromeのボタンが反応・・・。
普段は自己主張控えめにしかれておくもんですナ・・・(^^)v

かくして。



おお~かっちょいい~。
そう、篠ノ井機関区PSモデルを奢ってしまいました。
HO情報室ではプラ製の手すりなどに少し違和感を感じましたし、やっぱり一番好きな車輌なので妥協して後悔したくなかったのです。

本当は届いたときに2エンド側のボルスターアンカーが片方無くて涙眼・・・だったのですが
トミックスさんからすぐにパーツを送ってもらい事なきを得ました。


正面のアップ。
Nゲージでは長らく唯一EF62を出していたメーカーでした。
その完成度・印象把握は見事でしたので期待していましたが、それを裏切らない出来です。


金属製のPS17パンタグラフ。繊細な出来でPSモデルの特権といえましょうか。
エンドウ用にフクシマ(IMON)のPS17を買わないといけないなぁ・・・トミックスのパーツが付くと少しコストダウンになるかな!?


特徴の多いEF62でも最もアイデンティティを主張するDT124台車。
こちらも再現性が高く良い出来です。
砂箱への配管などもモールドされ、すごく密度があります。
塗装が少しぼったいように見えますが、私は嫌いではないです。
実車も検査を繰り返すと厚ぼったくボコボコした感じになりますしね。


下から見上げてみます。
現役時代を撮影できていないのですが、線路際で眺めるEF62はこんなイメージで幼少期の自分の眼に映っていたのだと思います。


2エンド側。何度眺めても良い・・・。
メタル転写ナンバーはまだ貼っていませんが、元篠ノ井機関区所属で、JRになってからも最後まで残っていた46号機にしようと思っています。
ラストナンバーの54号機にもしたかったのですが、実機は助手席側の水切り延長をしていないので対象外。
エンドウのものも水切り延長なので、こちらは43号機・・・かなぁ。


そのエンドウのものも並べてみます。
ぜんぜん作業が進んでいないwww。
屋根上モニターとフィルタープレートつけたところで止まってます。
寸法も殆ど差が無く、当時からのエンドウ製品のレベルの高さが見えますね。

ここまで書いていて・・・実は線路もパワーパックも持っていないんですよね。ワタクシ。
線路とケースは買おうと思いますが、しばらくは飾って楽しみたいです。

現役時代は雑多な貨車を牽いて新井や妙高高原で入換をしている姿が好きだったので、ワラ1やワフ29500のプラキットは買ってあったりするのです。
こちらも製作して編成で飾れるようにしたいですね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
理解があるなぁ
ご無沙汰です。うーん、理解があっていいですな。
今度、機材一式持って模型の撮影に伺おうかな(笑)。
tacarbon 2014/08/09(Sat)11:05 編集
無題
こちらこそご無沙汰です。
先日の入院にはびっくりしましたが、その後お変わりないようで幸いです。

あー、これ買っちゃったんですけど、これだけですよ(笑)
そんなにたくさん帰るほどには「理解」の貯金も実際の貯金も無いです(^^;)

あとはちょいちょいとディテールアップしていきます。
とくぞー 2014/08/16(Sat)21:25 編集
528  527  526  525  524  523  522  521  520  519  518 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]