忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
11月2日、今回の連休のお楽しみであった紅葉の只見へ行ってきました。

昨年も予定を立てておきながら、事情により直前にキャンセルしていたので、
今回は発表のときから楽しみにしていました。

会津地方の天気予報はあまり芳しいものではなく、とりあえず撮れれば良い、くらいの
気持ちで出かけました。

今回は今まで撮ったことのない第一橋梁、第二橋梁、第三橋梁メインでいくと決めました。
早朝6時前に三島の道の駅に着き、日の出とともに有名な俯瞰ポイントの鉄塔下へ山登り。
勾配自体は手を使わなければならないほど急でもないものの、雨で土が粘土状にぬかるみ、泥だらけ。
しかし上に出てみると、なるほど人気になるわけだ、と思う絶景が広がっていました。
この場所、最終的に140~150人くらいは集まったのではないでしょうか?


キハ40系 426D 只見線 会津桧原~会津西方
朝のうちはあいにくの曇天の中、朝の列車が過ぎていきます。
紅葉はいまひとつ鮮やかでないものの、水鏡が綺麗です。

SL列車の合間に道の駅でおにぎりやきのこ汁の販売もあり、
寒い晩秋の朝にはありがたいもてなしでした。

列車の時刻も迫るころ、天候にも変化が現れます。
厚かった雲が切れ、綺麗に晴れ間が出てきたのです。
しかしこれがまた悩ましく、雲の流れが速すぎて猫の目のように影が移動していきます。
おかげで露出が決まらず常に2/3~1/2くらいを変動。
風が出てきて川面にも波が立ち始め、一時は水鏡もほぼ消失、祈るように回復を待ちました・・・。


C11 325+旧客 SL会津只見紅葉号 9425レ 只見線 会津桧原~会津西方
結果はこのとおり。
水鏡はなんとか持ち直してくれたものの、強い陰影が画面に現れて今ひとつ。
数カット撮っていましたが、その全カットで影の位置が変わっているという位の雲の変化でした。
その場にいた多くの人たちからもため息が漏れます。
・・・これは春か夏に再挑戦したいところ。




C11 325+旧客 SL会津只見紅葉号 9425レ 只見線 会津西方~会津宮下
こちらは同じ場所から二橋。
望遠効果で山里を走っている雰囲気がよく出ているのではないでしょうか。

今回はあまり追っかけもせずに余裕を持って行動する予定を立てていました。
只見へは列車の追っかけではなく、以前訪れた八十里庵(ヤマサ商店)で
蕎麦とはっとうを楽しむために向かいましたが・・・。
「只見ってこんなに遠かったんだ・・・」
只見までは距離にして60Kmあまりでしたが、抜け道がない上に観光渋滞もあって
只見到着は12:40を過ぎていました。
八十里庵にお邪魔してみると、これまたお客さんでいっぱい。
一応注文はしてみましたが、とても帰りの時間までに食事をできそうになかったので
泣く泣くお土産のゆべしと青唐焼き辛子味噌を購入してUターン。
(このお店は「時間に余裕のない方はご遠慮ください」と張り紙にあるとおり、
ゆったりとした時間をつくっておかないといけません)
・・・はっとう、食べたかった・・・orz。

返しの予定は2カット、三橋と柳津か坂下の発車。

C11 325+旧客 SL会津只見紅葉号 9430レ 只見線 会津宮下~早戸
風も強くなり、真っ暗になる中での撮影したが鶴の湯さんの屋形船も現れて
画面にアクセントを添えてくれました。


C11 325+旧客 SL会津只見紅葉号 9430レ 只見線 会津柳津
最後は柳津の発車で。行楽シーズンのSL列車には地元も盛り上がります。
柳津もいい温泉街で、会津は湯野上や東山、芦ノ牧など行きたい温泉がたくさん。

帰りは喜多方へ寄ってラーメンと温泉を楽しんで帰りました。
それにしても今回の旅、妙に慌しかった感がありまして、もっと余裕を持って
計画立てにゃいかんな・・・と思います。
来年も只見を楽しみに予定したいものです。

年内はこれにて県外(長野を除く)への遠征はおしまい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>C11 325+旧客 SL会津只見紅葉号 9425レ 只見線 会津西方~会津宮下 こちらは同じ場所から二橋。
かなりの人出ですね。反対側アングルも貴重ですね!昨年はオーソドックスにここで撮影してました。今年は忙しく休みが取れないのでまったく行ってません。
Rac2008(越後路から) URL 2008/11/05(Wed)20:49 編集
無題
第二橋梁のこのアングルが撮れること、初めて知りました。
400mmがあればトリミングなしでいける模様です。
(春・夏は空気の水分が多くてもやっぽくなりそうですけど・・・)
とくぞー URL 2008/11/05(Wed)21:46 編集
無題
とくぞーさん>
第一橋梁におられたんですね!!あそこは毎回すごい人手になるので私は行けないってか行きません(笑)今回は塔寺‐会津坂本から追っかけて早戸‐会津水沼にて下りは終了。上りは前回もすごい人手だった第二橋梁脇からスタート。そこから下りも撮った会津坂本‐塔寺へ移動して終了。最後に上野尻でばんえつ物語号をパチリ。そして地元五泉駅にてばんえつ物語号をバルブして全行程終了しました。会えなかったのが残念です。
タケ 2008/11/06(Thu)00:57 編集
無題
>>タケさん
出撃お疲れ様でした(一週間遅れですけど)
あのめまぐるしく変わる露出には苦労されたことだろうと思います。

なるほど、塔寺~坂本あたりを中心に撮影されたのですね!
道の駅で一応お車を探してみたりしましたが、お会いできず残念です。

私はまだ只見線のいわゆる名所を押さえていないので、セオリーに近い感じです。
只見線は橋以外にも古刹や田園風景に見るべきものがたくさんあるので、自分なりの風景を探してみたいですね。
とくぞー URL 2008/11/09(Sun)23:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
167  166  165  164  163  162  161  160  159  158  157 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]