忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はいろいろと迷った挙句、大糸線の試雪へ行ってきました。
迷った相手はばんえつ物語の返却回送。
長岡まで行けば往復の距離は南小谷~白馬あたりまでと大差がないので、EF64牽引ならそっちに流れてたかも知れません。

午前中は通院で、診察のあと上越市から南小谷へ行くまで時間がぎりぎり。
本当はもう少し余裕を持つつもりだったのですが、思ったより診察&待ち時間に時間がかかるものです。
やっぱり予約はするべきか。

結果はなんとか滑り込みセーフ(南小谷の発車10分前に到着)でした。
雪がなくてもスタッドレスタイヤの場合、無理な運転は禁物。
(ゴムが柔らかく、特に濡れた路面では夏タイヤより踏ん張りがききません)


DD16 303 試9174レ 大糸線 白馬大池~千国
DD16のラッセルは何年かぶり。
鉄道写真を撮っていない頃に偶然数回見ただけでした(飯山線での話)。
今回、作業状態(ラッセルヘッド横のウィングが開いている)のはここ一箇所きり。


DD16 303 試9174レ 大糸線 白馬大池~千国
特徴的なラッセルヘッドのサイドビュー。
もう少しフレーミングを左に寄せてで機関車のヘッドまで切り取ればよかったですねぇ。
何気にATS-P表記があるのに驚き。どこに入線するんだろう・・・。


DD16 303 試9174レ 大糸線 白馬大池~千国
寒々しい景色。
白馬のあたりはもっと雪があるかと思いましたが、ふもとの方ではほとんど雪は消えており、本番さながらとはいきませんでした。


DD16 303 試9174レ 大糸線 白馬~信濃森上
白馬入線。この後はほとんどウィングを開かずに行ってしまいました。

大糸線といえばDD16が有名ですが、南小谷~糸魚川にはDD15も走っています。
この冬、信越線の雪列車とともにこちらも撮影しておきたいものです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あちらこちらで除雪用機関車の試運転ですね!
当地では同じ新潟県内でもほとんど見ることの無い光景です。こちらでは試運転はあるみたいですが本運転はたぶん無いみたいです。
なのでなかなかなじみの無い光景といえます。
ラッセルと言えば夏のひまわりの花との組み合わせを狙っているのですがなかなか実現していません!夏場にも結構検査でラッセルが動いている光景を見かけるのですが・・・・・
Racexp(新潟の鉄道大福帳) URL 2007/12/11(Tue)21:14 編集
無題
Racexpさん、こんばんは。

平野部では確かにあまり縁がないかもしれませんね。
でも夏に整備をしたり、、ぎらぎらした日差しの下でくつろいでいる彼らを見るのは私も好きだったりします。

とはいえ、試運転はほとんどが平日の実施ですから、勤めが出向先ではなかなか突然休とはいかずつらいところです。
とくぞー URL 2007/12/11(Tue)22:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]