忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日も急行 妙高が信越路を走ります。

今日は午前中、曇り空ながら妙高山が山頂までくっきりと見えていました。
今日は関山で189系と169系の離合を撮ろうと思っていたのですが、これだけ妙高がはっきり
見えているとどちらを撮るか非常に悩みました。
結局、妙高山をメインに二兎を追いました・・・。


169系 急行 妙高 9301M 信越本線 妙高高原~関山
この地に生まれたものにとって特別な存在、妙高山。
雄大かつ荘厳(決して言い過ぎではないと思います)な山。
妙高とは須弥山、帝釈天の住む山、世界の中心の山といい、
結構すごい名を持つ山なのです(もちろん、近代の当て字ですが)。
その中腹をかつての優等列車が駆け抜けていきます。
湘南色の急行電車と妙高山・・・もう、これが見納めだったかもしれません。
(この列車通過後に妙高山は雲の中に消えてしまいました)

このカットの後、関山駅の裏側に急ぎます。


169系 急行 妙高 9301M、189系 妙高 3324M 信越本線 関山
レンズを望遠に付け替える余裕もなく、標準レンズの精一杯望遠でなんとか妙高同士を収めます。
ほかにも長野のほうでは交換するタイミングもあったのではないかと思いますが、
そこは記録と割り切ります。


169系 急行 妙高 9301M、189系 妙高 3324M 信越本線 関山~二本木
関山駅を出る169系を撮って締めます。

一連の急行 妙高も本日で終わり。
本当にありがたい企画でした。
遅くから鉄を始めた人間にとって記録できたこと自体が幸せです。

長野ではまだたくさんのリバイバル急行があるそうなので、最後の湘南色急行を
楽しんでみてはいかがでしょうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
妙高山バック169系。一見平凡ながら雪をかぶった山と169系の湘南色がみごとにきまっています。
それにしてもいっとき全容が出た山をバックに走る169系なかなか貴重だと思います。本形式は山間部が似合う形式ですね。
Rac2008(越後路から) URL 2008/11/05(Wed)20:46 編集
無題
Rac2008さん、こんばんは。

列車名とその引用となったものを一緒に写す事ができたのは手前味噌ながら貴重な記録になったと思います。
(手前の茂みが計算外なのは画角を読み間違えてこの一コマ前が編成を切ってしまったからです)

某所で見ましたが、新井では綺麗に189系妙高と並んだようです。

165・169はやっぱり山や雪が似合う形式ですね。
とくぞー URL 2008/11/05(Wed)21:43 編集
無題
雪景色に湘南色の169系は抜群によく似合います。165系亡き後この169系には末長い活躍を願うばかりです。
タケ 2008/11/06(Thu)01:03 編集
無題
タケさん、こんばんは。
169系と妙高の雪景色、是非拝みたい風景ではありますね・・・。
来年3月までの限定リバイバルとなるこの塗色。
冬のうちにまた団臨で新潟へ来てくれるといいのになぁ、などと思います。
とくぞー URL 2008/11/09(Sun)23:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
168  167  166  165  164  163  162  161  160  159  158 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]