忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
先週はぽんぽんした天候がつづいた・・・と思ったら今週はずっと雪です。

しかも水曜くらいからの降りようは昨年の1/28~30を髣髴とさせる、大寒の大雪となりました。
妙高市も早々に除雪費用が底をつき、27日金曜日にはついに災害救助指定。

我が家も今年から赤ザリガニを導入(せいぜい桜エビくらいでしょうかね~?)、朝から妙高~自宅で段切りをして、雪を遠くまで飛ばせるようにしていました。
なんせ、新井の平場でも除雪で飛ばした雪が3mを超えてしまっていますので・・・。

朝からの作業がひと段落した14時頃、DD14が出ているとの報が!

これは千載一遇のチャンスでした。
まさか週末にDD14が出るというのは異例中の異例。
運休は一旦排モなどで開通させて、天候の回復後の平日に、というパターンが多かったためです。
とりあえず、踏切を見ればどこまで行ったのか分かります。

まずは姫川原あたりに行ってみました。
すると団地の踏み切りはすでに開通。その少し先に・・・いました。

新光電気先のカーブの駐車場はすでに一杯でしたが、なんとか滑り込み。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
風はないものの、大雪警報から注意報に変わったとは思えない降り方のなか、ゆっくり、いつもよりもかなりゆっくりとやってきます。
前は線路の雪+ウィングの高さ一杯の雪をかき寄せるためものすごい量の雪で、オーガーが全く見えません。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
こちらもカメラの着雪を気にしながらの撮影です。防滴でよかった~と思う瞬間。
真っ白い世界で、飛ばす雪が分かりにくいですね。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
このくらいまでくると降る雪にそれほど邪魔されず被写体を大きく捉えられます。
色のない世界で赤い車体の存在感は格別ですね。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
排雪部をアップ。ただ単に望遠のために引きが取れなかっただけですけど、迫力満点。
前回とは桁違いの量です。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
キャブ付近を後撃ち。
豪快ですね~道路用のピーターも豪快ですが、やはり鉄道用は迫力が違います。
背景の木々の着雪がすさまじい。

ここでこの場所は撤収、足が遅いので次は二本木駅手前くらいで何とか撮れないか、とあちこちを歩いて探し回ります。
しかし藤沢地区の雪は毎年のごとくものすごい量で、いずれの場所もすでに2.5~3m、人間が上れる高さじゃありません。

あちこち試行錯誤した挙句、藤沢地区の奥で屋根雪を落としたままの硬い雪がスロープになっている場所を発見。
そこから雪壁の上に登りましたが、そこからが大変。
新雪は1m以上あり、一歩踏み出すと胸まで沈みます(もちろん、カンジキはいてます)。
それを腰のあたりまでスコップでどかしては一歩進み・・・を繰り返して進みますが、まさに牛歩。

しかし予想以上に列車が遅かったため、目的の場所に着いてもまだまだやってこない、という状況でした。
時間も16時を過ぎ、あたりも薄暗く、雪も細かくなってきました。
この列車がどこまで行くのか分かりませんが、ここで撮影できるのが最後と思いました。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
そして前の撮影場所から1時間、やっとやってきました。
投雪はこちら側ですが・・・雪壁が高すぎて飛ばした雪が塊となって線路脇に壁を作ってしまいました。
もはや屋根しか見えません。


DD14 327+332 雪?レ 信越本線 二本木~新井
それでもなんとか雪壁の切れ間にキャブの表情をうかがうことが出来ました。
監視係の人が窓を開けて雪壁を注視しています。
くっつきやすく、高い壁のうえに住宅地に差し掛かるため緊張はピークになると思われます。
これにて撤収。すでに周囲は暗く、撮影も無理と判断して帰宅。

本日は大変な条件の中での作業となりましたが、雪に埋もれた鉄路を切り開く姿には感動すら覚えました。
作業員の皆様は本当にお疲れ様です。

今回は記録が出来て本当によかった、と思えた撮影でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ハッハッハ・・・・
木曜に、藤沢神社横に上がったものの途中リタイア。
底の無い雪によくぞ挑戦されました。
これからは、電柱か木に登って撮影しますwww
F踏切 2012/01/29(Sun)17:13 編集
無題
F踏切さん、見たまま情報ありがとうございました。
結局、撮影に出られたのはこの日だけでしたが、貴重な記録ができました。

藤沢の諏訪神社、私もチャレンジしてみたいものです。
とにかく胸まで埋まる雪には難儀しましたが、見えなくなっている川や、空洞化している場所に落ちないようには気をつけたいですね。
冗談抜きでそのままお陀仏になりかねませんし・・・。

>>これからは、電柱か木に登って撮影しますwww
ほんとにそんな状態になりかねませんね。
とくぞー 2012/01/30(Mon)22:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
383  382  381  380  379  378  377  376  375  374  373 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]