忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年は雪も少し早めのようです。
妙高市はすっかり雪景色。新井の平場でもすでに20cm近く積もっています。
赤倉などの妙高山麓のスキー場も珍しく予定通りにオープンし、クリスマスシーズンも人でにぎわっているようです。

さて、先日春のダイヤ改正がJR各社から発表され、既出の日本海に続ききたぐに定期廃止・臨時格下げが発表。
能登の運転取りやめも検討されているようです。

夜行列車にはもはや融けぬ氷雪の時代。
一気に北陸路から夜行列車が姿を消していきます。


EF81 101+24系 日本海 信越本線 直江津(12/7撮影)


さて、各社の細かい改正を見ていくと、新潟支社ではきたぐにの新潟区間の代替列車としておはよう信越、らくらくトレイン信越が新設(らくらくトレインは長岡から直江津まで延長)。

個人的にはきたぐに臨時はこの列車を継走して直江津発になる、という噂の信憑性が一番高い気がします。
そうすれば列車は西日本区間だけとなり、車両も681/683系で事足りることになる上に東日本も余計な臨時ダイヤを保持する必要が無いためです。
(面倒な会社間の車両持ち合いの折衝もないでしょうし、今一番削減されるのは人の手間、という時代ですからねぇ)

さて、長野支社といいますと・・・ついにというか、やっぱりというか、妙高号の減便(車両変更)が正式に発表されました。

具体的には3323M、3327Mと3326M、3330Mを妙高号から115系の普通列車化、ということになっています。
これは189系の運用が3編成ではかなり余裕がなくなってきていることや、平日昼間時間帯では輸送力過剰であること、夕方のしなのサンセットに189系を投入することが盛り込まれているためではないかと思います。

これにより、二本木での189系同士の並びもなくなってしまいますねぇ。

そんなところを悶々と考えながら、いつしかクリスマスの三連休。

今日はどこにも出かけないので、家の近くで雪景色とその3323Mを撮影してみました。


189系 妙高 3323M 信越本線 新井~北新井
雪の中を疾走する189系、その手前に季節はずれに咲き誇る寒桜を入れてみました。
この桜、いつも冬と春の年に2回咲くのです。
特に冬は落葉した後に咲くため、いつまでも花が散らず長く楽しめるのです。

今年は雪が早く、花が残っているうちに雪景色と絡めることができました。

今年はクリトレも出撃しなかったのでそろそろ打ち止めでしょうか。
(もうあと何回かは撮影の機会もあるかな?)
あとは締めのベスト10ですかねぇ・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
377  376  375  374  373  372  371  370  369  368  367 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]