忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
地元の貨物列車、新井貨物(少し前までは二本木貨物)、4380、4381レ。

中越沖地震以来、信越線復活までその姿を見ることはありませんでしたが、9月は祝日が多く平日に休みをとる機会もあったので久しぶりにその姿を見ることができました。


EF81 25 4380レ 信越本線 新井~北新井
7月16日、あの地震の1時間前に撮ったもの。
この後まさかあのような震災に見舞われるとは思ってもいませんでした。
このあと夏休みの間もこの列車の姿を見ることはありませんでした。


EF81 135 4381レ 信越本線 新井~北新井
17日月曜日は運転されなかったので、復旧後最初に見たのは9月24日。
稲刈りをする人々、バックにはコメリホームセンターと新潟の片田舎らしさ?を狙ってみました。
それにしても”単”4381レですね・・・休日の月曜は極端に荷が少ない(この日は4380がタキ1、4381はスカ)です。


EF81 124 4380レ 信越本線 黒井
9月26日、ゆとりを撮りに柿崎に向かう途中、80レの到着と4380レヘの付け替えを眺めていました。
ウィークデイはそこそこ荷もあるようです。
隣で荷役線に引き込まれていくのは80レの貨物。
同じ県内始発着の貨物列車なのにその差はあまりに歴然で、幹線高速貨物と一事業所向け専用貨物の差を見せつけられます。

あまり景気のよくない地方貨物ですが、いつまでこの姿を見られるのかな・・・。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
よくよくみるとコンテナが無いのですね。
基本的にコンテナは拠点でトラックに載せ替えて移動と言う方式が行われるようになったことを考えると信越本線のこの区間の貨物も整理の対象にあることが考えられていいと思われます。
足の遅いタンク車を駆逐しようとする経営戦略が進行中にあると思われますので数年後にはタンク車も大幅減となりそうです。おそらく景気云々とは無関係にされると思います。数年前までここの区間の貨物が繁盛していたのがまるで幻影のようになっていますね!

今後は貨物と言うとコンテナそれも幹線だけになりそうです!
Racexp(新潟の鉄道大福帳) URL 2007/10/04(Thu)08:17 編集
無題
Racexpさん、こんばんは。

足の遅いタキはどんどんトラック転換か、タンクコンテナになる傾向のようですね。

タキ1000型が主流になりつつある長野や群馬の石油輸送以外の薬品タキやセメントなどはいつまであるかまったく予断を許さないですね。

もっと地元の貨物を残したいとは思うのですが、こっちが休みのときは列車も休んでしまうのでなかなか・・・。

ちなみに新井のダイセル構内には日通があるので時々コキが1、2両申し訳程度に入ります。
今は1~2年前のコキ・タキ混成の長編成が嘘のようです・・・。
とくぞー 2007/10/04(Thu)20:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
59  58  57  56  55  54  53  52  51  50  49 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]