忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甲信エクスプレス・・・この夏臨に設定された、山梨県は甲府・塩山と長野を結ぶ、北陸新幹線接続の臨時特急。

運転区間や表定速度、告知内容ともにやや地味な列車で、(そもそも甲州地区から北陸への需要がどのくらいあるか未知数?かつ特急)なので、乗車率はかなり苦戦を強いられているようです。

ファンとしては豊田区の189系M52編成が毎度登場、しかも絵入りヘッドマークも新調したということで、夏に注目していた列車です。
今年の課題の一つにも組んでいましたが、いろいろ小用で忙しく、お盆期間に入った8/14、やっと出かけることができました。
(本当は臨時のあずさ71号に行ければいいのですが、松本は結構遠い・・・)

まずは姨捨、次に稲荷山ストレートをもくろんでいましたが。。。


189系 甲信エクスプレス 9097M 篠ノ井線 姨捨
姨捨公園へ降りる踏切から交換のために入線したところをまず1枚!
すでに7月から何度も走っているせいか、ファンの姿は少なめ。
運転停車のため乗客の方が下りて撮影するようなこともなく非常に静かな撮影です。


189系 甲信エクスプレス 9097M 篠ノ井線 姨捨
ヘッドマークのアップをおさえておきましょう。
八ヶ岳?と富士山をあしらったなかなか国鉄テイストあふれるイラストです。
これはシールではなく印刷幕と聞いており、八王子支社の気合が見て取れます。
乗車率は苦戦しているようですが、認知度を上げたり運転日を充実したりして頑張ってほしいですね(もっとも、特急ではなく快速にすればもっと乗車率は上がる・・・のかな?)


189系 甲信エクスプレス 9097M、E127系 2234M 篠ノ井線 姨捨
普通列車との交換風景。115系だったら・・・いや、ないものねだりはよしましょう。


189系 甲信エクスプレス 9097M 篠ノ井線 姨捨~桑ノ原信
そのまま下の踏切に降りて坂を下ってくる列車を捉えます。
発車の際には長目のタイフォンを鳴らしてくれました。
GUあずさのカラーリングは当時それほど気になる存在ではありませんでしたが、こうしてみるとなかなか爽快感のあるカラーリングですね。
腰回りがベージュだったのには今回気づきました。現役当時は見たことがなかったので。。。

この後は稲荷山ストレートに急いだのですが・・・あえなく踏切直前で通過されてしまいました。残念!
そのあとはカミさんの実家の用事があったのですぐに帰途へ。
午後のML信州送り込みは撮影できませんでしたが、帰りがけに釜飯を買って帰り、久しぶりに舌鼓を打ちました。

甲信エクスプレスには頑張って秋・冬臨にも登場を願いたいですね。
北陸は秋・冬こそ美味の宝庫なのですから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
甲信エクスプレスヘッドマーク
「レトロな感じで」とのデザインオーダーでした。
G 2015/08/25(Tue)08:22 編集
無題
>>Gさん

もしかしてデザイナーの方でしょうか!?
今どきのレトロ、全盛期の特急のイメージだったのでしょうかね~。
とくぞー 2015/08/27(Thu)22:29 編集
ニアミスでしたっ。
この日、ワタシは駅の松本方でスイッチバックシーンを撮っていました。
篠ノ井線における189系の特急運用、
新調されたヘッドマークがグレードアップあずさ色にお似合いですよね。
9月の運転時は晴天を期待したいものです。
32Count URL 2015/08/30(Sun)21:10 編集
無題
>>32Countさん
あらら!それは残念…きちんとご挨拶したかったです。
せっかく新調したヘッドマークなんですし、乗車率も上がってくれるといいですね。
秋臨でも運転がありますし、紅葉の中央本線で一度狙ってみたいものです。
とくぞー 2015/08/31(Mon)22:52 編集
586  585  584  583  582  581  580  579  578  577  576 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]