忍者ブログ
信越・北陸の鉄道写真を気の赴くままに。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の淘汰は駆け足です・・・。
大きく変化のあった新潟地区。
その中でもスーパースター的存在はやはり原型485系で最後まで残ったT18編成。
団臨やリバイバル用にまだしばらく残らないものか・・・と淡い期待が心のどこかに
ありました。

しかし、5/17に行われた長野のN101編成同様、T18にもさよなら運転の告知。
来るべき時が来た、ということでしょう。
思い出の県内を周遊する5/23、最期に近くで撮影できる機会でしたので、最後の姿を目に焼き付けに行ってまいりました。
天気は最高の晴れ。舞台は言うことなしです。


485系 国鉄色周遊号 9032M 信越本線 青海川~鯨波
往路の撮影地は、やはり鯨波の定番ポイント(案の定大盛況でしたが)。
ここでは国鉄色の撮影をほとんどしていませんで、北越のK-2の写真が1枚あるだけ。
最後に、順光の中で記録しておきたかった。これで満足することができました。

そのあとは追いかけ、くびき駅手前の築堤へ。ここも大人気です。


485系 国鉄色周遊号 9033M ほくほく線 犀潟~くびき
大勢のファンが待ち受けるなか、悠々とやってくる姿。
くびきで交換停車らしく、とてもゆっくりやってきましたので、開けたロケーションと相まって何カットも撮りました。もうこれが最期と。



特徴的なライトカバーを真横から。
この後は魚沼まで行ったものの、撮影はできませんでしたので、これが私のT18ラストカット。

この車両は撮るだけでなく、何度も乗りました。
くびき野が多かったですが、函館旅行の際に乗車したのが上沼垂色のクハ1508。
遠い思い出です。

過去のT18の姿を振り返って贈る言葉を。


2007年、7/15の北越8号。この翌日、あの中越沖地震が。
T18はこの回送されていなほ運用に就いており、8月に秋田から乗車できました。


2008年、突如国鉄特急色に塗り替えられ、一躍スターになったT18。
塗り替えられた直後の姿です。
この時はくびき野用の1500番台を含む4連編成が改造されて彩になってしまったので、最後の1500番台、そして国鉄色とあって人気はうなぎのぼりでした。


2010年には489系による定期急行能登の運転終了に伴い、臨時能登としてK1・K2とともにT18も能登のヘッドマークを掲げて活躍。
この2010年シーズンは週末になると必ず北越3号、8号、能登と撮るほうにとっては最後の黄金期ともいえる年でした。


末期にはくびき野に集中投入され、地元民としては狂喜したものです。
おかげで最後の桜との記録も存分にすることができました。


雪の中、走り去るT18。その姿を、追いかけた日々を忘れることはありません。
5/30、最後の旅もどうか無事で。

We Say Goodbye. SAYONARA、T18.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
574  573  572  571  570  569  568  567  566  565  564 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
プロフィール
HN:
とくぞー
性別:
男性
趣味:
写真、鉄道、温泉、貧乏旅行
自己紹介:
新潟県上越地方に生息。鉄分多め。
休日の信越・北陸線界隈にて目撃情報アリ。
バーコード
ブログ内検索
Admin / Write
忍者ブログ [PR]